シンガプーラは小さな妖精

シンガプーラとは

どうも、当サイトを管理している猫好き猫アレルギーです。

ここ数年猫ブームが来ていると言われていますが、私の中のブームはすでに25年前から始まっていますw

実家から一人暮らし、そして家主となるまでに数10匹以上の猫たちと共に生活をしてきました。

もちろん生まれたての赤ちゃん猫を一人前に育てたこともあります。どうしても体が弱く大きく成長していく姿を見られない子猫たちもいましたし、天寿を全うし亡くなった猫もいました。

ツライ思いもしましたが、やっぱり猫が好き。

そして現在シンガプーラの男の子と生活を共にしているわけで。

今回はシンガプーラという猫をあまり知らないという方に向けて記事を書いています。猫をはじめて飼いたい、シンガプーラに興味がある方の参考にしてみてくださいね。

シンガプーラとは

シンガプーラというとどんなイメージがあるのでしょう。

  • 高い
  • 小さい
  • 短毛

こんな感じでしょうか。

シンガプーラは体のわりに大きい耳、長い尻尾。運動能力の高さ、好奇心の多さも相まって「小さな妖精」とも言われています。

アビシニアンにも似ていますが、毛色と目の色が異なります。

シンガプーラの毛色

  • セピア

様々いる猫の種類でも、大人になってもあまり大きくならない!と言われていますw

大人で2kgくらい。我が家は6年。若干肥満気味で・・・す。

実際はインスタグラムを見ていただけると分かりやすいですw

シンガプーラの目の色

  • グリーン
  • ヘーゼル
  • イエロー

毛色は一種類で生え方により若干色味が異なって見えますが、シルクのような光沢感がありますw

お手入れも簡単です。

シンガプーラの性格は

シンガプーラの性格は穏やかな面もあり、好奇心が旺盛、人に懐っこく、めちゃくちゃ甘えん坊な面もあります。ですが、とっても繊細な面もあるので注意してくださいね。

ちなみに我が家の愛猫くんは、激人見知りです。無理に抱っこをしたり、させたりすると具合を悪くしてしまうことも。

他の猫と異なり頻繁に泣かないという点もあるので、マンションや一人暮らしにも最適ということも言われてますが、猫にも性格や育った環境によって異なるので一概に言えません。

シンガプーラは寒いのが苦手

シンガプーラの原産国はシンガポールと言われています。

暖かい気候の猫なので、岩手や東北のような雪国では若干過酷な環境かもしれませんね(;´Д`)

冬は暖房や、猫用こたつや猫用ヒーターで寝床は寒くないようにしてあげる必要があります。

シンガプーラはたくさんご飯食べる?

シンガプーラは比較的猫の種類の中でも小さい部類に含まれます。

筋肉質で運動量が多いこともありますが、一度に食べる量は少ないので時間で複数回に分けてあげるのがいいと思います。

我が家は猫缶が得意ではないみたい(;´Д`)

カリカリのキャットフードも好みが分かれています。食べるのと食べないがあります。

猫の個体差などもあるので、一概には言えないかもしれませんね。

ペースト状おやつは大好きwww

またたびも大好きですwwww

シンガプーラは多頭飼いできる?

シンガプーラの性格は、繊細な面と甘えん坊な面もあります。

一概に全てができない!とは言えませんが、ストレスを増やすことはしたくないな~と思うのが飼い主の思いですね。

さみしがりやなので子猫を・・・とも考えますが、ペットショップで子猫を抱っこしたのが分かるみたいでソッポ向かれます(ノД`)・゜・。

シンガプーラの躾は簡単?

最後にとっも気になるのが、トイレの躾でしょうか。

正直にいうと愛猫くんのシンガプーラは一度も、トイレ失敗したことありません。

なんどか教えてあげて一度できれば、自分でトイレに行くのでとっても賢く躾が大変だ~~~と思ったことも一度ありません。

まとめ

シンガプーラはいかがでしたか?

特に小さい頃のシンガプーラは猫耳と体、尻尾とのアンバランスがとっても可愛いく、妖精ともいわれる由縁かも。

価格は血統や、生体の大きさ、毛色などで変わるので一概には言えません。

お住まいのペットショップやブリーダーさんがいれば一度抱っこしてみてほしいと思います!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です